横浜でバイアグラを処方するクリニック

クエン酸シルデナフィルが主成分

クエン酸シルデナフィルが主成分 | 血管拡張物質を壊す | 血圧が下がり過ぎる危険性

バイアグラは歴史のある信頼できる薬で、横浜のED治療専門のクリニックでも使われています。
バイアグラには、クエン酸シルデナフィルが主成分として配合されています。
クエン酸シルデナフィルの効能は、体内酵素のPDE5型酵素の働きを阻害することです。
この効能を知るためには、男性の勃起の仕組みについて理解しておく必要があります。
男性が性的に興奮したり刺激を受けると、体内に一酸化窒素が放出されます。
すると一酸化窒素に誘発されて、性器細胞に血管拡張物質が大量に生成されます。
この血管拡張物質は陰茎の海綿体の中にある動脈血管を拡張させて圧を高め、そこに大量の血液が流れ込んで性行為可能な勃起状態に達します。
一方勃起が終わる時には体内の酵素が作用します。