横浜でバイアグラを処方するクリニック

血管拡張物質を壊す

クエン酸シルデナフィルが主成分 | 血管拡張物質を壊す | 血圧が下がり過ぎる危険性

この酵素がPDE5型酵素です。
PDE5型酵素は、性的興奮の結果生成された血管拡張物質を壊す働きをします。
そのPDE5型酵素の作用により、陰茎内の血管は弛緩して勃起が終わります。
バイアグラに主成分として配合されているPDE5型酵素阻害薬のクエン酸シルデナフィルは、この酵素の働きをブロックする薬です。
PDE5型酵素が作用しなくなることによって血管拡張物質が減らず、血管の拡張と血流が維持されて勃起が継続するのを助けるのがクエン酸シルデナフィルのED症状改善効果です。
ここで、バイアグラは媚薬や精力剤の類ではなく医薬品です。
そのため服用すれば効果のある間ずっと性的な刺激とは無関係に勃起するのではなく、あくまで性的に刺激を受けて一酸化炭素放出・血管拡張物質の大量生成というプロセスを経た上で勃起の維持を助ける薬です。
ですから、服用後ずっと勃起が続くいうことはなく安心して使用することができます。
ここで、どんな薬でもそうですが、使用するにあたっては副作用や使用の禁忌について正しく知っておくことが安全につながります。